深田ブログ

2020年1月1日 2時09分02秒 (Wed)

性感マッサージに情熱をかける

どうも深田です。

実を言うと、
私は「怠け者」です。

机の上はいつも散らかっています。

今見たら、
読みかけの本や雑誌が
何冊も重なって、
ほこりをかぶっていました。

片づけなくちゃとは思っていても、
面倒くさい気持ちに
いつも負けてしまいます。

ですが、、、

女性を抱くときは、
「怠け者」から「働き者」に
モードチェンジします。

「目の前にいる女性の、
快感を限界まで引き出したい」

そんな思いに突き動かされて、
全力で取り組みます。

女性が感じやすい
スポットや刺激パターンを、
見つけるのに妥協はしません。

そして、
最も良いやり方を見つけたら、
疲れるとかそんなことは気にせず、
女性がイクまでずっと続けます。

もちろん、早くイカせる
つもりはありません。

時間をかけてでも、
より深いオーガズムに導くことに、
真剣に集中します。

なぜ、そこまで頑張るのか?

それは、
情熱をかける価値があることだと
知っているからです。

自分の欲望を満たすだけのセックスよりも、
女性と一緒に最高に気持ちよくなるセックスの方が
圧倒的にハッピーです。

これだけは間違いありません。

そうは言っても、、、、

私も最初から、
こんな考え方をしていたわけではありません。

若いころは、
「オッパイを揉みたい」とか、
「とにかく射精したい」とか、
そんな自分の欲望のためだけのセックスを
していたこともあります。

ただ、そういうのは、
最初はいいかもしれませんが、
すぐに飽きます。

自分が気持ちよくなることよりも、
相手の女性に気持ち良さを与えること、、、、

与えるなんて言うと大げさですが、
その方が結果的に、
自分も気持ちよくなれるのです。
今は何言ってるんだと思うでしょうが、
それはみなさんもやがて分かると思います。

少しずつでもいいので、
女性の快感をもっと引き出すことに
挑戦してみましょう。

前置きが長くなりましたが、
こんな感じで思った事や、
教科書ではページ数の関係で、カットした内容なども
文字数を気にせず書けるので、
役に立ちそうなテクニックなどを書いていこうと思います。

DEEP深田

この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード